腫瘍用薬剤 腫瘍 抗悪性腫瘍代謝拮抗薬/劇 協和発酵 内服 : 胃癌 、 結腸 癌 、 直腸 癌 など の 消化 器 癌 。 乳癌 、 子宮 頸癌 ( 錠剤 のみ )。 注射 : 胃癌 、 肝 癌 、 結腸 癌 、 直腸 癌 、 乳癌 、 膵癌 、 子宮 頸癌 、 子宮 体 癌 、 卵巣 癌 。 その他 の 抗癌剤 、 または 放射線 療法 と の 併用 による 食道 癌 、 肺癌 、 頭 頸部 腫瘍 。 外用 : 皮膚 悪性 腫瘍 。 坐 剤 : S 状 結腸 ・ 直腸 癌 。
腫瘍 細胞 の DNA 合成 阻害 、 及び リボゾーム RNA 形成 阻害 作用 など により 、 抗 腫瘍 効果 を 発現 する と 考え られる 。
内服 /★ 錠剤 : 1 日 200 ~ 300 ㎎、 1 ~ 3 回分 服 。 外用 /★ 軟膏 : 1 日 1 ~ 2 回 塗布 。 注射 /★ 単独 投与 :① 1 日 1 回 5 ~ 15 ㎎/㎏、 5 日間 点滴 静 注 ・ 静 注 、 以降 隔日 に 5 ~ 7 ~ 5 ㎎/㎏。② 1 日 1 回 5 ~ 15 ㎎/㎏ を 隔日 。 ③ 1 日 1 回 5 ㎎/㎏ を 10 ~ 20 日間 。 ④ 1 日 1 回 10 ~ 20 ㎎/㎏ を 週 1 日 。 ⑤ 必要 時 1 日 5 ㎎/㎏ を 動脈 注 。 ★ 放射線 ・ 他 剤 併用 : 法 に 準じ 1 日 5 ~ 10 ㎎/㎏ または 間欠 投与 で 週 1 ~ 2 回 。
警告 ] メトトレキサート・フルオロウラシル 交代 療法 、 レボホリナート・フルオロウラシル 療法 は 高度 の 危険 性 が 伴う ので 、 投与 中 及び 投与 後 の 一定 期間 は 患者 を 医師 の 監督 下 に 置く 。 テガフール 、 TS - 1 ( ギメラシル 、 オテラシルカリウム 配合 剤 ) と の 併用 により 、 重 篤 な 血液 障害 が 発現 し 死亡 例 が 報告 さ れ て いる 。 ( 添付 文書 を 熟読 、 注意 する こと )● 本 剤 過敏 症 、 及び ティーエスワン を 投与 中 、 または 中止 後 7 日 以内 の 患者 に は 禁忌 。 ● 骨髄 機能 抑制 、 肝 ・ 腎 障害 、 感染 症 合併 、 心 疾患 、 消化 管 潰瘍 または 出血 、 水痘 症 の 患者 に は 慎重 に 投与 。
デガフール・ギメスタット・オタスタットカリウム 配合 剤 ( ティーエスワン ) は 併用 禁忌 。 フェニトイン 中毒 症状 ]、 ワルファリンカリウム 作用 増強 ]。 他 の 抗 悪性 腫瘍 剤 、 放射線 照射 骨髄 機能 抑制 など の 副作用 ]。
重大 : 脱水 症状 、 骨髄 抑制 、 鬱血 性 心不全 、 心筋梗塞 など 。

◆ ルナポン ( 沢井 ) など
 に該当する薬は?
generate
プルゼニド(Pursennid)
ブスコパン(Buscopan)
5-FU(5-FU)
グリメピリド錠1mg「EMEC」
correct ratio 0 % amount of answer 0 ticket 0

u_img
comment
facebook twitter line line