化学療法剤 化学 持続性サルファ薬 ニプロ-第一三共 腎盂 腎 炎 、 膀胱 炎 、 髄 膜 炎 、 軟性 下疳 、 扁桃 炎 、 咽頭 炎 、 喉頭 炎 。
病原 微生物 の 細胞 を 破壊 し て 、 死滅 または 増殖 を 抑制 。
内服 / 初日 1 ~ 2 g 。 以後 0 . 5 ~ 1 g を 1 日 1 回 。 注射 / 初日 1 ~ 2 g 。 以後 0 . 5 ~ 1 g を 1 日 1 回 静 注 。
● サルファ剤 に対し 過敏 症 の 既往 歴 の ある 患者 、 及び 妊娠 末期 の 婦人 、 低 出生 体重 児 、 新生児 へ の 投与 は 禁忌 ( 高 ビソルビン 血 症 が 現れる こと が ある )。● 血液 障害 、 腎 障害 、 肝 障害 、 気管支 喘息 、 糖尿 病 、 血栓 症 、 ポルフィリン 症 、 及び 胃 ・ 腸 ・ 尿 路 に 閉塞 障害 の ある 患者 は 、 本 剤 の 使用 により 病態 を 増悪 さ せる こと が ある ので 注意 し て 慎重 に 投与 。 ● 本 剤 は 、 長時間 作用 型 サルファ剤 として 排泄 が 遅く なる 点 に 十分 注意 する こと 。 特に 投与 中 は 腎 ブロック の 危険 を 防止 する ため に は 、 重曹 など を 用い て 尿 を アルカリ性 に 保つ こと と 、 適量 の 水分 摂取 により 尿 量 を 1 日 1500 ml 程度 に 保つ よう 考慮 する 。 ● 本 剤 と 血糖 降下 剤 ( 糖尿 病 治療 剤 ) の 併用 は 低 血糖 を 誘発 する お それ が ある ので 注意 。 また 、 抗 凝血 薬 ( ワーファリン ) と 併用 する と 出血 傾向 が 起こり やすく なる ので 要 注意 。 ● 注射 で は 静 注 時 に 血管 痛 、 血栓 または 静脈 炎 を 起こす こと が ある ので 、 注入 部位 や 注射 法 に 注意 し て できる だけ 緩徐 に 行う 。 ● シロップ 薬 を 用いる 場合 は 、 ビン を よく 振っ て から 服用 する 。
スルホニルアミド 系 ・ スルホニルウレア 系 ( SU 薬 ) 経口 糖尿 病 剤 、 クマ リン 系 抗 凝固 剤 ( ワーファリン など ) 作用 増強 ]。
重大 : ショック 、 再生 不良 性 貧血 、 溶血 性 貧血 、 皮膚 粘膜 眼 症候群 、 中毒 性 表皮 壊死 症 、 PIE 症候群 ( 好 酸 球 増 多 を 伴う 肺浸潤 : 発熱 、 咳嗽 、 喀痰 など の 症状 群 )。 その他 : 顆粒 球 減少 、 血小板 減少 など の 血液 障害 、 腎 障害 、 肝 障害 、 消化 器 障害 、 過敏 症 ( 発疹 、 光線 過敏 症 )、 発熱 、 頭痛 、 目眩 など 。
室温 、 遮光 保存 。

 に該当する薬は?
generate
アプシード(Abcid)
アプレゾリン(Apresoline)
アボルブカプセル(Avolve Capsules)
オフタルムK(OphthalmK)
correct ratio 0 % amount of answer 0 ticket 0

u_img
comment
facebook twitter line line